home

腎・泌尿器科おおねクリニック

MENU

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱とは骨盤の中にある子宮、膀胱、直腸などの臓器が膣の中に垂れ下がり、膣壁と一緒に女性器より出てしまう病気で、子宮脱、性器脱、膣脱、膀胱脱(膀胱瘤)、など症状によって細かく称されることもあります。 子宮脱などの骨盤臓器脱(性器脱)の原因として、出産により骨盤が押し広げられ、骨盤底筋群が引き伸ばされ障害を受けるためです。
その他に、肥満や喘息、常習便秘など、腹圧が上昇し骨盤底に強い負荷が加わるものは骨盤臓器脱を引き起こしやすくします。

軽症の場合は骨盤底筋を鍛える体操が有効です。即効性はありませんが、根気よく続けることで、症状の改善が望めます。
また、リングペッサリーで、膣管に挿入し、子宮口下を広げ、子宮下垂を防ぐ方法もあります。このように膣内装具を用いる方法もあります。

WEB予約

男性更年期・ED治療ガイド

top