home

腎・泌尿器科おおねクリニック

MENU

過活動膀胱

過活動膀胱とは、膀胱の不随意の収縮による尿意切迫感を伴う排尿障害です。 突然我慢できないような尿意が起こったり、トイレが近かったり、突然トイレに行きたくなり我慢ができず尿が漏れてしまうなどの症状を示す病気です。原因はさまざまですが、脳と膀胱または尿道を結ぶ神経トラブルで起こる神経因性のものと、その他の原因で起こる非神経因性のものがあります。

過活動膀胱の治療法は、まず薬物療法を行うのが一般的ですが、そのほかにも機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えることにより、尿トラブルの症状を軽減する行動療法などもあります。また、電気や磁気で刺激を与えて、骨盤底筋の収縮力を強化したり、膀胱もしくは尿道の神経のはたらきを調整する電気治療などもあります。
日常生活に支障がある場合は、まずは受診して下さい。

WEB予約

男性更年期・ED治療ガイド

top