home

腎・泌尿器科おおねクリニック

MENU

男性更年期障害/LOH症候群

加齢とともに、テストステロンという男性ホルモンの分泌が少なくなる期間のことを更年期といいます。エストロゲンやテストステロンといった性ホルモンは、人の体の調子を整えるのに欠かせない「自律神経」をコントロールする役割を果たしています。
加齢による多様な体の変化やストレスが要因となります。 更年期障害の原因は性ホルモンの低下ですが、複数の要因が複雑にからみ合って起こります。 学会でもLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)という表現が採用されています。

症状としては、慢性疲労、倦怠感、イライラ、頭痛、精神不安、ED(勃起不全)などがあり、ホルモンバランスの乱れによる体調不良など多様な症状が挙げられます。

男性更年期障害の治療には漢方薬、抗うつ薬、抗不安薬を用いる場合があります。
また、ゆっくり休む、運動をする、ストレスをためないことは、更年期障害の予防のみならず、症状を和らげることにもつながります。

WEB予約

男性更年期・ED治療ガイド

top