home

腎・泌尿器科おおねクリニック

MENU

脂質異常症

脂質異常症(高脂血症)は生活習慣病の一つで、血液中にふくまれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことです。 自覚症状があまりないのですが、脂質異常症の状態が長く続くと、動脈硬化を起こしやすくなり、血管に異常が起こり、脳卒中や狭心症、心筋梗塞などになる確率が高くなってしまいます。

高脂血症の治療法は、検査値の幅によって異なりますが、初期の段階では食事療法と運動療法により治療を行います。
中性脂肪値(TG)が高い場合には、脂肪や糖質の取りすぎを控えることが大切です。
また、コレステロールが高い場合には、コレステロールだけではなく、糖質や脂肪の多い食事を控えます。食事療法や運動療法で効果がみられない場合には、薬物療法を行います。

WEB予約

男性更年期・ED治療ガイド

top